おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 画像認証
文字色
Re: 落合博満講演会 投稿者:ロデム 投稿日:2022/09/11(Sun) 19:14 No.5492

今日は新幹線に乗って甲子園へ・・・・行かずに名古屋で下車して金山のフォレストホールで開催された落合さんの講演会「オレ流野球の真実、決断と采配、本物のリーダーとは」へ行ってきました。

と、その前にせっかく名古屋まで来たので大曽根の山田さんの所へ。

今日はバンテリンドームでは試合が無いのでゆったりとした雰囲気の中、しばしの団欒。

私「来年優勝できる?」
山「外人が打たんと」
山「森さんがいたころはいい外人連れて来たのにね」

確かに森さんはベイスターズからドミンゴ投手、Tウッズ選手、ドミニカからもネルソン投手、ブランコ選手、Jロドリゲス投手、MLBからもゲレーロ選手、キューバからは育成でRマルティネス投手らドラゴンズで主力で活躍する選手を連れてきましたね。

私「ドラフトは誰が決めるの?」
山「監督と編成部長」

今回は立浪監督と仁村編成統括で決めそうですね。

私「誰がいい?」
山「浅野(翔吾・高松商高)がいいけどね」

山田さんは私と同じく浅野選手推し。さてどうなるかな?

さて、本題に戻って落合さんの講演会ですが、今回で5回私は参加してますが、いつも楽しみにしています。

今回は監督時代の話が中心で2003年オフから2011年までを事細かに話してくれました。

その中で印象に残ったのが2006年の立浪選手から森野選手に三塁のレギュラーを替えた話。細かく書くと長くなりますが、衰えの見え始めた立浪選手を如何にしてレギュラーから外して森野選手へ移行していくか。
まず最初の段階として“準備”が必要。キャンプでは森野選手を徹底して鍛えたそうです。そして次に“決断”が必要。生え抜きの大スター立浪選手を替えるには相当な“決断”が必要だったそうです。
立浪選手もそれを理解できるようになったのは2年位経ってからの事だったそうです。

第二部ではスペシャルゲストとして、森繁和さんと岩瀬仁紀さんが壇上へ。

今回は岩瀬さんの話が中心で、2004年の開幕前の骨折の話と2008年のオリンピックでの話と岩瀬さんにとってはいい思い出ではない話ですが、それを乗り越えたからこそ前人未到の“1002試合登板”、“407セーブ”の大記録を達成されたそうです。

引退も本当はもっと早く辞めるつもりだったそうですが、森さんに相談したところ「俺と一緒に辞めよう」と言われて現役生活が2年伸びたそうです。

最近は落合さんもユーチューブチャンネルを始めて色々な話を聞けるようになりましたが、実際に講演会などで話を聞くと裏話も聞けて楽しいです。これは山田さんのところに行くのと同じかな。

今日は2296人が定員のホールに2200人以上の人が集まり大盛況で落合さんたちも驚いていましたが、10代20代の若い世代や女性の方も非常に多くて関心の高さに驚きました。

年内は10月に広島(ゲストは森さんと達川光男さん)に予定されていますが、さすがに広島までは行けないので来年の開催を楽しみにしています。


- YY-BOARD -