おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 画像認証
文字色
Re: ありがとう!立浪コーチ 投稿者:ロデム 投稿日:2021/02/20(Sat) 22:23 No.232

今キャンプの目玉だった“立浪臨時コーチ”の指導は本日が最終日だったそうです。

根尾選手、岡林選手といった若手だけでなく、主力の京田選手や大ベテランの福留選手らにもアドバイスをされたそうで、今シーズンの選手の活躍が非常に楽しみです。

秋には“立浪臨時コーチ”を交えての優勝祝賀会ができるといいですね。


Re: ありがとう!立浪コーチ 投稿者:ロデム 投稿日:2021/02/22(Mon) 20:28 No.239

ファンクラブに入会されてる方の所にはメールで皆さんの所にも届いたかと思いますが、立浪臨時コーチが「キャンプ体験記」を寄せてくださりました。

以下全文

ファンクラブ会員の皆さん、こんにちは。
キャンプで選手のみんなと汗を流すのは12年ぶり。
テレビや新聞の仕事で行く沖縄とは、やっぱり違いますね。

立ってる時間が長かったので、ちょっと腰が張ってるかなという感じですが、若い選手と話しながら一緒にやるのは僕にとっても良い経験になりましたし、楽しい20日間でした。

僕の役割は臨時コーチとしての打撃指導。主に自分と同じ左打ちの若い選手を見させていただきました。

皆さんが一番気になっているのは、3年目を迎えた根尾選手でしょうね。
外から見て感じていたのは「タイミングがとれていないな」ということです。

左打者だとバットがトップの位置にあり、右足を踏み出しボールを待つ状態。
我々は、これを「間」と言うのですが、それがないとバットに力が伝わらず、どうしても力のない打球になってしまいます。

根尾選手の場合はトップのときには腕が背中の方に回るなど、原因はいろいろありました。
それでも毎日同じことを繰り返していくうちに、自分でも「良い時」「悪い時」が分かってきたようです。
これは大きな進歩だと思います。

逆に、タイミングの取り方がうまいのが2年目の岡林選手。
ただ、バットが下から出るところがあるので、スイングスビードを上げるため、毎朝、連続ティーを一緒に続けてきました。
こちらも楽しみな選手です。

他にも有望な選手はたくさんいます。
ただ、バッティングというのは、そう簡単に結果が出るものではありません。
僕たちが与えることができるのは「きっかけ」であり「ヒント」。
あとは本人たちが、いかに根気強く、継続していけるかです。

根尾選手、岡林選手だけでなく、一人でも多くの若い選手たちが、これを一つのきっかけとして、さらに上のステージに進んでくれればと願っています。

最後に一つ残念だったのは、コロナ禍で皆さんに、キャンプてを頑張っている選手の姿を見てもらえなかったことです。

毎年、この時期のキャンプ見学を楽しみにしていた方は多いでしょう。
「北谷に行って、読谷にも行って」と、すでに予定を立てていらっしゃった方もいたと思います。
そんな皆さんの思いは、お客さんのいないキャンプ地で汗を流した選手たちにも、必ず伝わっています。
これからもドラゴンズへのご声援、よろしくお願いします。

元中日ドラゴンズ内野手 立浪和義


これを読んで、今年のドラゴンズには“期待”しかありませんでした。


Re: ありがとう!立浪コーチ 投稿者:タツノノボリゴ 投稿日:2021/02/22(Mon) 22:27 No.240

そのまま二軍監督になっていただけないだろうかと思うけど
そうしたら現任者に対して失礼だというジレンマ。
特に根尾、岡林の覚醒には期待です。


- YY-BOARD -